百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

嫌ならやめてしまおう

会社員を半年間しかしたことがなく、(学生時代のアルバイトを含めないで)正社員の経験がありません。不幸にも働いた会社はブラック企業だったので、残業代を支払わないことや社訓の唱和の辛さは短いながらもわかります。

労基法を無視し社員を搾取する会社は潰れたほうがいいと思うけど、なぜ理不尽な労働環境を我慢して働くのか分からないのです。連日連夜深夜まで働くことが嫌じゃない人は構わないけど、99%の人は定時で帰って休日もしっかりとれたほうがいいと思っているのではないだろうか。

周囲の目を気にして帰ることができないとかあるだろうけど、どうせ会社を離れたら他人だし辞めてしまえば会うことはないんだから、堂々と権利を主張すればいい。心身を壊してまでやらないといけない仕事なんかこの世にはないです。

異常な労働環境の問題を働く人の責任にするのは違うけど、1人でも行動に移せることはあるはず。会社勤め以外にも選択肢はあるし、死ななければ十分。扶養していても同じです。自分の最優先事項に従えば、嫌なことはせずにすみます。家族、友達、恋人、能力、コミュニティー、仕事、旅行、休み、遊びと一番大切なことは何だっていい。自分が納得すればそれで十分です。