百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

魅力ある田舎とは経済が衰退しても住みたいと思えるかどうか

地域活性化の定義って、「田舎が衰退しても、そこに住みたい」ということだと思う。具体的には、財政破綻して今までのような生活が維持できなくなり、行政サービスが低下して、自分たちで維持・管理できなくなってもしなければならなくなったとしても「住みたい」と思えるかどうか。北海道夕張市財政再建団体になって人口が減っているから「住みたい」と思える場所ではなかったのだろう。

私の住む竹田市夕張市についで、高齢化率が高いので、夕張がなぜ失敗したのかはお金かけてもいいから調査すべき。仮に、竹田市財政破綻したときに人が残るか、もしくは増えるかどうかを想像するのは大事なこと。今のままだと人はいなくなりそう。。。

国だとアルゼンチンは人口流出しているが、イタリアは減っていない。むしろ世界的に魅力ある国だ。経済は大事だけど、結局は豊かになると経済以外の何かが大事になるのだろう。その何かは、「文化的で生活が楽しい」ことではないかな。抽象的だけど、おそらく正しいと思う。全国チェーン店をガンガン呼び込んでいる田舎は対極にあるのでアウトでしょう。