百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

暑い夏が始まった・・・。金のかからない農業はあるのか

夏秋トマトはゴールデンウィークくらいから本格的に時期が始まる。世間の皆さんが楽しく休暇を過ごしている間に、朝から晩まで畑に向き合う日々なわけです。昔はこの時期は好きだったが、今は最悪だ。。。

僕は、一応新規就農に当たると思うけど、何年間か農家で研修をして、どこかの田舎で畑を探し見つけ、補助金をもらい、野菜を作っていくパターンではない。「農家」になりたくて農家になったわけではなくて、本当運良く流れのまま農業がやれているだけなので「普通の新規就農」を目指す人達は自分の意見は参考にならない。

ただ、農業を本格的に始めるまでは、「自然の中で牧歌的な生活をして自給自足的な生活をしたい」との考えは完全に間違っていた。都会のオシャレな雑誌の世界にしか存在せず、田舎にはどこにもなかった。あくせくせず生活することはできるけど、本当に田舎の中の田舎(スーパーやコンビニはなく、人家、山、森林、畑しかない)だと、自分で工夫しないと生活できないです。仕事、娯楽、人付き合い含めて。

結局、ネットで田舎暮らしを検索しても田舎暮らしはわからないし、直接田舎に引っ越して生活している人の意見も所詮その人の経験談にしか過ぎないので、参考程度にしかならない。

農業は金がいくらあっても足りない。マジで金がかかる。既存の農家はひいおじいちゃん、おじいちゃん、お父さんたちからのストックがあるのであまり金はかからないが(とは言ってもやっぱり金はかかる)、一から新規で農業すると資材は基本的に全部購入しないと行けないので、1千万以上は余裕でいる。僕もだけどそんなお金はないので借金するしかなくなると思うでしょ?でも、みんな農業やめる人ばっかりだから、資材も土地も余っているのです。既存の農家さんからうまく借りるなり、貰うなりすれば莫大な投資も抑えることができる。それができればなんとかなるもんです。

どうやって借りるか?どうやって貰うか?how toはありません。自分でなんとかするしかないです。強いて言うならば、人にうまく依存し、運を味方につけるくらいでしょうか。

色々書いてきたけど、田舎で生活したいなら結局あれこれ考えず行動したほうが一番うまく行く。動いたら誰かが助けてくれるからなんとかなるもんです。