百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

定住することへの不安

<定住、放浪、農業>

20代の間国内外問わず放浪していた。外野からみれば色んな場所に好きなように行っているようにみえるのかもしれないけど、苦しかったことのほうが多かったので当時に戻りたいとは思わない。

30歳前後くらいから定住をする生活というか、雇われず自分で食べていく生活をするため田舎に帰り、便利屋をしてド素人のまま農業をすることになった。その間ほとんどどこにも行かなかった。もちろん旅らしい旅は一切していない。農業をやっているとき、身体はきつかったけど、それなりに充実感があったので自分には向いていたのだろう。

やめた理由は、一つ2つじゃないけど、このまま同じ土地で死ぬまで定住することへの不安があった。どうしても農業をすると土地、畑と田んぼが「職場」になるので、年間を通じて管理することが必須になる。土地を管理するのは、田畑を耕し野菜を植え育て売るだけではなくて、水の管理など一人ではなく共同で管理しないといけないことが多々ある。そうすると、農村共同体にコミットして、共同体の一員として振る舞うことが求められる。

耕作放棄地は増え続け農業平均年齢は70歳、誰もやらない産業だから、新規就農して「俺はこの土地を守るんだ!」の高い意識がなくても、放棄地は山のようにあるので就農先で問題を抱えて引っ越しても困らない。やめたとしても何も問題なく生きているける。ただ、自ら草刈りをして土をつくり野菜を植えて畑を管理し、地域の老人たちに技術などを教えてもらい受け入れてくれた土地を簡単に手放すことはできない。だから野菜を植えることはしなくても、最低限草の管理はしている。草の管理だけなら頻繁に畑に行かなくてもなんとかなるから。

<複数拠点>

農=定住と旅=非定住を両立させる手段として、田舎を行ったり来たりすることで実現できないかを実験中なわけだ。もう一つの拠点探しが難航しているので、軸を変えてやっていっている。どうなるかわからないが、やらないことにはわからないので、自分のペースでやっていく。先が見えないことへ挑戦しているわけだから失敗は前提としてあるし、失敗しても何回もまたやる。

"最後まで踊り続ける"

Aghali

 

 

 

食事紹介できない、生活のなかでの喜び

                                       

<安くてうまい店が少ない>

田舎の弱点は安価でおいしい店になかなか出会えないことですね。おいしくないといっても、まずくはないし普通に食べれるクオリティはどの店でもある。他の国だったら十分人気店になれるが、日本は安くてうまい店があふれているので求められるレベルが高くなる。個人的には安い店に接客サービスは一切求めていないのでおいしければ不満はないのだが、一般的には味と接客双方が求められるので外食産業は慢性的な人手不足になるんだろう。

海沿いに街があるから寿司はうまい。カウンターの寿司屋だとランチ8貫〜10貫食べれて1000円くらいでやっている。スシローもあるから寿司には困らない。家から30分以上も離れた場所にあるから全然いかないけど人が来たときにはちょうどいい。ウチに遊びに来た際は寿司食べに行きましょう。それか家でBBQですね。(そっちのほうがいいか)

<非日常より日常>

「ハレ」は村落共同体のおめでたい日を意味する。昔は家族単位の農業が生活の基本だった。農業は身体を酷使し、単調な日々が続く。日々労働に追われ余暇はない。毎日百姓仕事だと不満がたまる。そのため、日常を維持するためにムラ単位の小さな共同体、支配者層、双方にとってガス抜きが必要となる。ハレの日のために数年、数ヶ月前から総動員で準備をし、当日は盛大に祭りが行われ、男も女も子どもも老人も朝から晩まで騒ぎ・遊びカタルシスを得る。

今は昔と違い、日常を大事にしないといけないのではないだろうか?日常を我慢して非日常で肉体と精神を開放するようなパラダイムは新しい時代の変化に耐えうることができない。例えば男性で年長者だから無条件に敬えというのは、若者や女性には受け入れられない。昔は我慢するしかなかったし、我慢すればメリットがあったから敬っていただけであり、日々を耐えることに価値はない。

生活のなかにこそ喜びがある。朝日を浴びて気持ちいい、朝ごはんが想像以上においしい、掃除をして部屋がきれいになる、散歩して日々の変化、四季の変化を感じる、すれ違った人と世間話する、ブログがうまく書ける、将棋で勝つ、野菜をつくる、ごはんをごちそうになる、好きな人と話すと小さなことで満足できる。イノベーションを起こして世の中を変えるのはすごいことで、多くの人に注目されて気持ちいいだろう。そういう生き方もアリだけど、僕のように生活のなかに喜びを見出して生きるのもアリだ。「イノベーションと生活」は違うようにみえて日々を大事にする点において本質は同じじゃないだろうか。もっと小さなことでハッピーになれる価値を大事にする。

ー朝起きたら何の花かわからないけど、マルハナバチが蜜を吸っていた。いいですねー

f:id:guvivva:20180416084654j:plain

月10万円、夫婦で20万円、底辺

 

          

<自分の何が好きか嫌いか>

社会不適合者が大金を稼ぐのは骨が折れる。この世の中で「普通に働く」ことができないから不適合者になっているわけだからね。僕は、金を稼ぐことは頭に入れず、やりたいこと・好きなことだけをしたほうがいいんじゃないかと考える。経済的格差はますます拡大するだろうし、金を稼げるのは一部の稼げる能力がある人に限られるので、そのレールに乗ることで幸せになれる人は少ない。これから人生100年は生きないといけないみたいなんで、金を稼ぐのが得意ではないなら、「自分が何が好きか」「何をしているときが気持ちいいか」をしっかり考えたほうがいい。好きなことがわからないなら嫌いなことを頭に並べてみるのはどうだろうか。嫌いなことはすぐ答えられるし、嫌いなことをやらなければ自然と好きなことをやっている気がする。好きなことをするは、好きなことを仕事にすると同じ意味ではない。「仕事はクソだけど生活のために我慢してやる。仕事以外の時間で好きなことをする」でいい。もちろん我慢のなかに、残業、サビ残、有給なし、休みなしといった日本型奴隷サラリーマンは一ミリたりとも含まれていない。しかし日本社会で、奴隷にならず好きなことだけをするのは難しいのが現実。もし、仕事はほどほど余暇をマジで楽しむなら海外行くしか思いつかない。そうなるとほとんどの人は国内に残るわけだからどうするの?って話になる。

 <月10万円>

正規雇用されず生きていくのが今のところの答えだ。自営ができるなら自営をして、できないならバイトをするかだ。日本のシステムはエスタブリッシュメントと大企業の正規雇用者に有利につくられていて、大量の非正規労働者の賃金を低く抑えることにより維持・成立している。このシステムを逆利用するわけだ。バイトなら「残業しろ」と言われても「バイトだから帰るわ」と簡単に言えるし、賃金払わないならすぐ「労基署に行くと」息巻けばいいし、長期雇用はあるけど短期雇用も山のようにあるので、すぐにやめられる。田舎に来れば賃金安いけど、人がいないから一時的な雇用はある。生活コストも相対的に安いから、生活はなんとかなる。これなら月10万円は稼げる。目標値を低く設定することにより楽に生きられる。机上の空論ではなく、地方に引っ越して生活する人は金はそこそこでいい、自分のリズムで生活したい人多い。特に若者。50代以上だと「金は稼いでなんぼ!」みたいな価値観がまだ多いので放っておけばいいだけ。10万円だと「好きなことできないな、余裕ないな」と思うなら誰かと共同生活すると一気に楽になる。僕の場合だと不特定多数の共同生活するのは向いてないので、夫婦というシステムを選択する。*1僕が10万円、相手が10万円なら20万円になるので生活の質が上がる。QOLだ。夫婦になれば、世の中の皆さんから信頼されるのも利点。子どももいれば最強。僕のような社会不適合者でも信頼してくれるから滑稽だね。

<底辺の生き方>

貧乏でも工夫して生きている人をたくさん知っておくとすごく楽になれる。最近だと山奥のゴミ捨て場だった物置倉庫で生活しているおっちゃんと知り合って、おっちゃんの生活が想像を越える生活スタイルで、めっちゃ笑いまくった。自分なんか足元に及ばないぶっ飛んだ生き方をする人に会うとなんとかなると思える。同じ底辺だけど底辺同士はすぐに自然と仲良くなれるし。金がなくなっても絶対になんとかなると改めて確信し自信がついた。何でもやってしまったほうがいい。

 

※黒田さんぶっ飛んだ人で面白いですよ!

カフェ・ビエンチャン大作戦

カフェ・ビエンチャン大作戦

 

*1:結婚にしなかったのは、結婚は古くないけど結婚というシステムが旧時代の遺物で古すぎるから。パートナーにしたかったが、社会的に浸透しておらず、弱いため便宜上夫婦にした。