百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

野菜をつくって売ること、土地にしばられない

野菜をつくる技術的なことは少しずつ覚えればいいと思うし、昨年より技術は向上しているのでこのままいけばいいのかなと思う。問題は販路です。これは難しい。販路に苦労せずホクホクな農家はすごい。スーパーにいけばきれいに袋詰された野菜が安い値段で年中売られていて消費者はそれが当たり前だと思っているが、全然普通のことではないんだよ。天候でできは違うし、虫はくるし、自然災害がきたら何をしても無駄。今年は長雨、台風、地震、火山灰、と自然災害のオンパレードでこれ以上何があるのかというくらい人間の力ではどうしようもないことが満載。大小はあるだろうけど何も被害がない農家はいるんかな、多分いない。自分は新米でまだなんにもわかってないけど、新米でも影響があったくらいやし。

野菜を買ってくれる人はだれであれありがたい、感謝。販路の開拓とかどうすればいいだろうねー。まあ少しずつやるしかない。

農業やるとどこにも行けないのが一番いやなこと。毎日畑に行って篭もり社会から隔絶される。もともと社会性ゼロなのにますますなくなっているような気がする。まともな社会復帰は完全に手遅れ、無理でしょうなー。それでも畑にだけしばられる人生はしたくない。「放浪する百姓」というジャンルをつくりたいな。同じ場所にずっといると腐る。新鮮な空気を吸わないと自分の中に淀みができてよくない。普段会わない人や場所にいくと頭と体がすっきりして気持ちいい。世の中の人はこんなにもがんばっているのに、自分は畑で好き勝手やっているなと思う。異質な他者に出会うことで自分の立ち位置が冷静にみれる。ありがたい。

久々に都会にいって都会の空気を吸いたいので年内にいきたい。

あと、新年にたてた目標はどれも達成できていないけど、それも人生だろう。完璧で隙間がないときつくなってガス欠を起こすよね。

Brussels sprouts recipes


芽キャベツです。これつくっている。食べたこともみたこともないのでどう育つかな。写真と実践は違うのでわからないな。